正しい車の売却方法 > 車雑学 > カーコン・マーケットでの車売却と査定に関する注意点

カーコン・マーケットでの車売却と査定に関する注意点

個人間売買での車売却ができるカーコン・マーケットというシステムを利用する際には、注意するべき点があります。あまり長期化しますと、費用が大きくなる可能性がある点です。

 

このカーコン・マーケットという業者を通して個人間売買を行うためには、まず査定を受ける必要があります。その査定は、車買取業者とほぼ同じです。もっともタブレット端末を用いて査定が行われる点は、若干異なるのですが。カーコンビニ倶楽部が運営しているだけに、かなりハイテクな機器を用いていますね。

 

査定を受けた後は、カーコン・マーケットを通して一旦出品をする事になります。問題は、その出品の期間ですね。その出品期間中に売れれば良いですが、稀に売れない事もあります。

 

この業者の場合、掲載期間に制限があります。原則として30日間の掲載期間となるのですが、それをオーバーするとちょっと状況が変わってきます。

 

ご存知の通り車の状態というのは、日数が経過すれば変わってくる可能性もありますね。日数の変化とともに、車に傷が付いてしまう可能性もあるでしょう。

 

このためカーコン・マーケットで出品をして30日が経過した時には、もう一度査定を受ける必要があります。つまり2回目の査定ですね。その分手間がかかってしまう事になる点は、ちょっと要注意です。

 

またその査定の回数にも注意が必要です。この業者の場合は、1回目と2回目の査定に関しては料金は発生しないようですね。しかし3回目以降は、料金が発生するようになります。つまりカーコン・マーケットを通して車を宣伝している期間が長引くと、ちょっと費用がかかってしまう事がある訳ですね。

 

このため売却希望額を上手く設定するのも、1つのポイントになるでしょう。ですので一括査定なども用いて、車の相場を知っておくことが大事です。

車雑学

最新記事